【未経験転職】年代別おすすめ転職サイト・転職エージェント9選【年収アップ】

おすすめ
  • 転職サイトや転職エージェントって結局どこがおすすめなの?
  • 自分に合った転職サイトや転職エージェントはどのサービスなんだろう?
  • そもそも転職サイトと転職エージェントの違いって何?

過去の私も転職を考えた時、色々情報収集しようとしたのですが、

  • 職場ではそもそも相談することもできない
  • 学生時代の友人で転職した人とも境遇が違い同じ進め方でいいのか分からない

「転職したい」と思っても、何から始めて良いのか分からず悩みました

とりあえず「転職エージェントに登録するのがいいらしい」ということは分かったのですが、

「転職では失敗したくない」と思い、『いい転職エージェント』を探そうと試みましたが、

情報があふれ返っており、毎日遅くまで残業した後に、情報収集だけで時間を無駄にした時期もありました。

結果として、私は2年間という期間を転職活動に捧げ、20代、30代それぞれで転職活動を経験することで、

転職サイトや転職エージェントは年代やキャリアによって適したものが違うということを学びました。

この記事では、実際に20代、30代での転職活動を経験し、複数の転職サイトや転職エージェントを使った経験から、

年代別におすすめの転職サイトや転職エージェントを紹介したいと思います。

この記事を書いた人
≫ あると(@alto-fiij)元国家公務員 (いわゆるキャリア官僚)
≫ 20代、30代でそれぞれ転職活動経験あり。
≫ 30代前半で倍率500倍の超ホワイト企業に転職。転職時年収200万円UP。

私はこの記事で紹介をしている転職サイトや転職エージェントを活用して、

複数のコンサルタントファームや大手企業から年収アップでの内定を頂きました。

そして最終的には、公務員から民間企業という未経験の転職ながら年収200万円アップで転職成功することができました。

「自分にあった転職サイトや転職エージェントはどこなんだろう」と悩んでいる方は、是非参考にしていただければと思います。

結論を先にお伝えすると、未経験転職で年収200万円アップに成功した私が年代別におすすめする転職サイトや転職エージェントは以下のとおりです。

年代別おすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ
ロゴ



サービス名マイナビ
ジョブ20’s
マイナビ
エージェント
リクルート
エージェント
dodaアサインJAC Recruitmentキャリトレビズリーチリクルート
ダイレクト
スカウト
おすすめ年代20代20代後半~30代全員全員20代30代以降20代20代後半以降30代以降
自分のキャリア
への自信度
(2 / 5.0)
(2.5 / 5.0)
(3 / 5.0)
(3 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(5 / 5.0)
特徴適性診断で客観的に自分を分析。第二新卒、未経験に強い。サポートが丁寧で手厚い。サポート期間が無期限求人数No.1。転職関係のセミナーも充実「残業20時間未満」での検索など、圧倒的に求人検索がしやすいオーダーメイドの選考対策資料で差がつく。企業担当と求職者担当が同じ。エージェントの質、求人の質が非常に高いAIがおすすめ求人を提案。「いい求人があれば転職したい」という方におすすめ。時間効率が最も良い。現職が忙しい方に非常におすすめ。ビズリーチよりも更にハイキャリア向け。年収1,000万円以上の求人多数。
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
年代別おすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ

ちなみにこの記事、ものすごーく長くなってしまいましたので、

「手っ取り早く20代向けの転職サイトと転職エージェントだけ知りたい!」

「自分は30代だから30代向けの転職サイトと転職エージェントだけ知れればいい」

という方向けに、20代向け、30代向けそれぞれのおすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめた記事も作っていますので、そちらで十分な方はそちらをご参照ください。

※内容は大きく変わらないので、この記事を読んでいただければ20代向け、30代向けともにしっかりと網羅できます。

「もう結論だけ知りたいんだ!」

という方は、タイプ別に以下の3つに登録することをおすすめします。

20代の人マイナビジョブ20’s
詳細を見る
リクルートエージェント
詳細を見る
doda
詳細を見る
20代でキャリアに
自信がある人
リクルートエージェント
詳細を見る
アサイン
詳細を見る
doda
詳細を見る
30代の人リクルートエージェント
詳細を見る
マイナビエージェント
詳細を見る
doda
詳細を見る
30代でキャリアに
自信がある人
JAC Recruitment
詳細を見る
ビズリーチ
詳細を見る
リクルートダイレクトスカウト
詳細を見る
年代別おすすめ転職サイト・転職エージェント3選

転職サイトと転職エージェントの違い

まずは改めて転職サイトと転職エージェントの違いについて簡単に紹介します。

「知ってるよ!」という方は読み飛ばしてもらっても構いません。

転職サイトとは|メリットとデメリット

転職サイトとは、多数の求人情報が閲覧し、その中から自由に応募することができるサービスです。

現職の仕事が忙しい中でも自分のペースで転職活動ができることがメリットです。

ただし、求人への応募、履歴書や職務経歴書といった書類作成、面接の日程調整、条件交渉など、全て自力でやる必要がある点はデメリットとなります。

転職は選択肢の一つとして考えていて、まずは様々な求人を見てみたい方や、特に転職を急いでいない方におすすめです。

転職エージェントとは|メリットとデメリット

転職エージェントとは、あなたに担当者がつき、転職のサポートをしてくれるサービスです。

転職エージェントとの面談を通して、条件に合いそうな求人の検索や求人への応募、面接の日程調整や条件交渉など、膨大な手続き関係は転職エージェントが行ってくれます。

また、履歴書や職務経歴書といった書類作成についてもアドバイスをもらえたり、面接対策をやってもらえたり、

実際に企業から面接のフィードバックを聞き取ってもらえたりと、転職に慣れていない方に必須のサポートも万全です。

また、通常の転職サイトや企業ホームページからの募集にはない非公開求人を取り扱っている転職エージェントも多い点も特徴です。

あえてデメリットを上げるとなると、転職エージェントとは二人三脚で転職活動を進めていくため、担当者との相性があるというところです。

転職サイト
≫ 多数の求人情報が閲覧でき、その中から自由に応募が可能
転職エージェント
≫ 担当のエージェントから転職に関するアドバイスやサポートを受けられる
≫ 非公開求人を紹介して貰える

年代別転職サイト・転職エージェントの選び方のポイント

上記のような理由から、転職エージェントを軸に転職サイトも上手く使いながら転職活動を進めるのがおすすめです

では、実際に20代、30代に転職活動をした私が考える年代別の転職サイトと転職エージェントの選び方のポイントは以下のとおりです。

チェックポイント

① 大手転職サイト・大手転職エージェントを軸にする

② 20代の方は20代向けの転職エージェントもしっかり活用する

③ キャリアに自信のある方は、ハイクラスの転職エージェントも活用する

①大手転職サイト・大手転職エージェントを軸にする

大手転職サイト・大手転職エージェントは取り扱い求人が多く、紹介可能な業種や職種も様々です。

求人数が多いということは、選択肢を多く持つことができ、好条件な求人を紹介してもらうことにつながります。

また、大手転職サイト・大手転職エージェントでは、転職の大きな流れや基本ノウハウについてのセミナーなど、転職に慣れていない方が利用すべきサービスも充実しています。

②20代向けの転職エージェントも活用する

20代の場合、転職サイトや企業HP経由で応募してしまうと、学歴フィルターや勤務先企業のフィルターにかかり、機械的に書類選考で落とされてしまう可能性があります。

そして、特に20代前半の方は、 どのように自分をアピールするのが効果的なのか、そもそも何をアピールすべきなのか、転職市場における自分の価値が分からないことが多いかと思います。

あなたが20代前半でしたら、20代の転職サポートに慣れている転職エージェントも活用することがおすすめです。

転職エージェントに推薦してもらうことで、書類選考の通過率を高めることもできますよ。

③ハイクラスの転職エージェントも活用すること

ご自身のキャリアに自信のある方は、ハイクラスの転職エージェントを活用することで、年収アップのチャンスが生まれます

ハイクラスの転職エージェントは「どのような転職をしたいか」をしっかりと理解してくれた上で、質の高い(待遇の良い)求人を紹介してくれます。

また、行きたい業界が決まっている方は、上記に加えて業界特化型の転職エージェントも選択肢に入ります

年代別おすすめ転職サイト・転職エージェント

年代別おすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

「全員におすすめ」は文字通り「転職活動するにあたって全員が登録すべき転職サイトと転職エージェント」ですが、

「キャリアに自信がある人」って感覚として難しいですよね。

本記事では以下にあたる人を「キャリアに自信がある人」として想定しています。

  • 20代の方:有名大学出身or有名企業勤務
  • 30代の方:年収600万円以上

もちろん上記以外でも「留学経験があって英語や中国語がネイティブ(orビジネス)レベル」、「特殊な国家資格を持っている」、

「ベンチャー企業で社長の右腕として働いていた」等、「キャリアに自信がある」の形は様々です。

イメージとしては、何かしらの能力で5人~10人に1人の能力があるぐらいのイメージでいいと思います。

小中学校の同級生で有名大学に進学した人、有名企業に勤めている人って大体それぐらいですよね。

ちなみにdodaの調査によりますと、30代の給与所得者のうち、年収600万円以上は約17%みたいです。

さて、前置きが長くなりましたが、順番に紹介していきたいと思います。

【全員におすすめ】転職エージェント

マイナビジョブ20’s

全員におすすめの転職エージェント マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sは20代の転職に特化した転職エージェントです。

どれくらい特化しているかというと、30代以降に向けた求人がないぐらい特化しています。

個人的に20代の転職の難しいところは自己分析が難しい点だと思います。

例えば大卒で24歳~26歳ぐらいの方は、社会人経験もまだ浅く、「自分の強み」が分からない方がほとんどです。

マイナビジョブ20’sでは、9つの側面から求職者のパーソナリティーを測定する適性診断を無料で受けられます。

そして、診断結果を基に、自分の強みや弱み、どんな仕事が向いているのかなど、

キャリアアドバイザーと一緒に自己分析ができるので、納得のいく転職活動が可能です。

また、マイナビジョブ20’sでは、転職経験を持つキャリアアドバイザーによりキャリアカウンセリングが行われます。

転職経験を持つからこそ、同じ目線からのリアルなアドバイスを受けることができますし、

20代の転職を熟知しているキャリアアドバイザーにいつでも悩みや疑問を聞くことができますよ。

\年間約53,000人の20代が登録!/

マイナビエージェント

全員におすすめの転職エージェント マイナビエージェント

マイナビジョブ20’sは20代に特化した転職エージェントでしたが、

マイナビエージェントは対象がもう少し広く、特に20代後半から30代の方におすすめしたい転職エージェントです。

マイナビエージェントは比較的若手(30代まで)の転職に強く、未経験業種・未経験職種への転職へのサポートが手厚い点がポイントです。

また、一般的な転職エージェントのサポート期間は3か月としているところが多いですが、

マイナビエージェントはサポート期間が無期限である点も親身になって転職サポートしてくれる企業色が出ています。

実施に私も最初に転職を考えた際にマイナビエージェントに登録しましたが、

公務員から民間企業への転職で何を強みとしてアピールすればいいか分からない私にも丁寧にサポートいただけました。

ただ、その丁寧さのあまり求人数が少ないのが玉に瑕なので、求人数の多いリクルートエージェントやdodaとの併用は必須かと思います。

\20代に信頼されている転職エージェントNo.1
マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントどちらに登録するか

マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントについて解説しましたが、「結局どちらに登録すればいいの?」という疑問を持つ方も多いと思います。

そんな方は以下の表を参考にしてください。(2021年8月時点。非公開求人除く。)

マイナビジョブ20’s マイナビエージェント
総求人数約2,300件約28,000件
未経験歓迎約1,600件約1,000件
第二新卒歓迎約1,300件約2,500件
マイナビジョブ20’sとマイナビエージェントの比較

まず、総求人数についてはマイナビエージェントが圧倒的に多いです。

一方で、総求人数は10倍以上も差があるにもかかわらず、未経験歓迎の求人はマイナビジョブ20’sの方が多いです。

第二新卒歓迎の求人数はマイナビエージェントの方が絶対数は多いですが、総求人数に占める割合ではマイナビジョブ20’sの方が多いです。

総求人数に占める割合が多いということは、転職エージェントも第二新卒歓迎の求人を取り扱った経験が多いということですので、適確なアドバイスが期待できます。

を軸に選んでみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェント

全員におすすめの転職エージェント リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートが運営する業界最大手の転職エージェントであり、総求人数は業界トップです。

サイトから登録すると面談の連絡が来ますので、リクルートエージェントの場合はキャリアインタビュアーという方と面談で転職理由や転職の軸(転職で求めること)を確認します。

その後、コンサルタントという方がおすすめの求人を探してくれて、ジョブコーディネーターという方を窓口として連絡を取り合い、気になったものに応募していく流れです。

リクルートエージェントはかなり仕事が細分化されてややこしいのですが、doda マイナビエージェントといった大手エージェントは大体同じような流れです。

基本的な窓口となってくれるジョブコーディネーターの方は企業の情報に精通していないため、正直伝言ゲーム感が否めませんが、

企業の情報をコンサルタントが手分けして担当しなければならないぐらい求人数が多いので、しょうがないでしょう。

私は大きく分けて2回転職活動をしているのですが、2回目の時はなぜか直接の連絡がほぼコンサルタントの方とでしたので、非常にスムーズにやり取りができました。(体制が変わった?)

さて、私がリクルートエージェントをおすすめする理由は無料で実施されるセミナーが非常に充実しているからです。

特にはじめて転職される方は「面接力向上セミナー」を受けるためだけでもリクルートエージェントに登録する価値があります

「面接力向上セミナー」は「企業はどういう人材を求めていて、それに対して転職者はどうアプローチすればよいか」端的に説明してくれるため、

これを受けないで転職活動を進めることは非効率かつ他の転職者に出遅れると言っても過言ではありません

また、「コンサルティング業界セミナー」等で業界の構造や主要な企業の特徴をざっくりと効率的に把握することでもできますのでこちらも受けて良かったです。

リクルートエージェントはとにかく総合力が優れているので、ハイクラスの転職エージェントをメインにして転職活動する方も必ず登録しておくべき転職エージェントとしておすすめします。

\満足度97%の面接力向上セミナーで通過率17%UP/

【全員におすすめ】転職サイト

doda

全員におすすめの転職サイト doda

dodaはリクルートエージェントに次ぐ求人数を抱えており、転職サイトでありながら転職エージェントの機能があることが特徴です。

私も公務員からの転職を考え始めたころ、官僚を辞めて公務員から民間企業に転職した先輩からすすめられて最初に登録した転職サイトの一つです。

転職サイトは非常に見やすく、求人が探しやすいため、転職サイトで求人を探して、転職エージェントで応募する使い方がおすすめです。

通常、求人数が多いとなかなか検索が難しいのですが、dodaでは「勤務地」「業種・職種」「年収」での検索はもちろん、

「在宅勤務」「残業20時間未満」「服装自由」「フレックス勤務」など、他の転職サイトにない切り口で求人を探すことが可能です。

転職エージェントとしては、リクルートエージェントと立ち位置が被る気もするので、

担当者が合うか合わないかでdodaとリクルートエージェントのどちらをメインとするか決めてみてもいいかもしれません。

\業界最大級約591万人の会員数!/

【キャリアに自信がある人におすすめ】 転職エージェント

アサイン(ASSIGN)

キャリアに自信がある人におすすめの転職エージェント アサイン(ASSIGN)

アサイン「若手ハイエンド層向け」を謳っており、所属エージェントがビズリーチのSランク・Aランク認定されている等、特にエージェントに質が高いことが特徴です。

転職決定時平均年収が850万円と若手向きの転職エージェントとしてはずば抜けて高く、

一方で目先のキャリアではなく、5年後・10年後のキャリアを考えて長期的な視点で求人紹介をしてくれます。

また、サポート体制としては、登録者個人に対してオーダーメイドの選考対策資料を作成するなど、規模が大きくないからこそ丁寧な対応をしてくれます。

2016年創業ということで、歴史はまだ浅い会社ですが、利用者としてはこの小規模なうちに使い倒したい転職エージェントです。

\絶対に転職に失敗したくないなら/

JAC Recruitment

キャリアに自信がある人におすすめの転職エージェント JAC Recruitment

JAC Recruitmentは特に30代以降のハイキャリアの方におすすめです。

JAC Recruitmentの特徴は求職者担当と企業担当を同じエージェントで担当するため、

社風等の雰囲気も含めてミスマッチが少なく、面接後のフィードバックもしっかりと行ってくれました。

紹介してくれる求人は少なめですが、個人的には多くの求人を提案されてこちらで選別するもの大変なので、

質の高いものに絞って提案してくれる形式が私には合っていました。

ハイクラスの求人が多く、私が利用した際は超大手の日系・外資系企業を提案され、年収100万円以上アップとなる求人ばかりでした。

ただし、ターゲットが30代以降なので、20代の方には向かない可能性がある点には注意が必要ですが、

30代で年収600万円以上のハイキャリアの転職においては一番おすすめする転職エージェントです。

\「友人・知人に紹介したい」が利用者の約95%/

【キャリアに自信がある人におすすめ】 転職サイト

キャリトレ

キャリアに自信がある人におすすめの転職サイト キャリトレ

キャリトレは、ビズリーチの姉妹サイトとして20代の優秀層をターゲットとしている転職サイトです。

キャリトレ一番の特徴は、AIがおすすめ求人を提案してくれる点です。

1日5分、おすすめされる求人の中から、「興味がある」求人を選択するだけで、AIが学習し、

志向性に合う求人がおすすめされたり、企業からスカウトが届くようになります。

意外にも求人数が多く、10万件近く求人がある点もいいですね。

イメージとしては「今すぐに転職したい」というよりも「いい求人があれば転職したい」という感じで色々求人を見てみたい方に向いているかもしれません。

デザイン(UI)が感覚的でわかりやすく、登録もすぐできる点もGoodです。

一方で、例えば、職務経歴書の添削、面接対策、各種セミナーなど、転職エージェントのような手厚い転職サポートはありませんので、

サポートが手厚い転職エージェントマイナビジョブ20’sリクルートエージェントなど)との併用がおすすめです。

\人気の優良求人は早い者勝ち!/

ビズリーチ

ビズリーチは普通の転職サイトではなく、自分の職務経歴やスキルを登録することによって、

企業やヘッドハンター側からオファーが来る仕組みとなっています。

企業やヘッドハンター側は私たちの職務経験やスキルを分かった上でオファーが来るため、

大手転職エージェントの紹介求人に比べ、企業やヘッドハンター側とのミスマッチが少ないと感じました。

特に行きたい業界を決めていない人にとっては、自分が想像もしていなかった業界・企業からもオファーが来るため、

転職先の可能性を広げる上でもかなり有効です

また、レジュメをしっかり作りこめば、主体的に動く時間も最小限で抑えられるため、時間コストの面でも優秀です。

ただし、オファーという性質上、社会人経験が少なすぎると音沙汰がないため、

27~28歳以上ぐらい(もしくは学歴が高い方)が有効に活用できる目安でしょうか。

ちなみに、ビズリーチは無料プランの場合は機能に制限がありますが、無料で有料プランが使えるプレミアムチケットなるものがあり、

  • 基本ステップ完了   :30日間のプレミアムチケット
  • 無料体験への申込   : 7日間のプレミアムチケット
  • スカウトへ返信(5人) :30日間のプレミアムチケット

上記を全て満たせば67日間は有料プランを無料で利用できます

その他にも

  • 新規登録で30日間のプレミアムチケット
  • レジュメ更新で30日間のプレミアムチケット
  • 〇周年記念で30日間のプレミアムチケット

など、キャンペーンを利用すれば、より長い期間有料プランを無料で利用できます。

ちなみに私が実際に転職活動をしていた際には、有料プランはチケットでしか利用したことがなく、基本的には無料プランで転職活動を進めていました。

なぜなら、ビズリーチの醍醐味ともいえる企業からのプラチナスカウト(面接確約)は無料プランで利用可能だからです。

そのため、個人的には、無料プランでも特段不便は感じなかったです。

ビズリーチの登録には年収制限がないものの、年収600万円以上の求人がかなり多く、年収アップが狙える点もいいですね。

年収アップを諦めたくないなら/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトもビズリーチと同様に、普通の転職サイトではなく、

自分の職務経歴やスキルを登録することによって、企業やヘッドハンター側からオファーが来る仕組みとなっています。

多くの人の疑問は「ビズリーチとリクルートダイレクトスカウトの違いは何?」だと思いますので、

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの比較を以下のとおりまとめました。

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
掲載求人数約8.5万件約12.7万件
年収1000万円以上の求人全体の8割程度全体の3割程度
費用無料有料(無料会員は一部機能制限あり)
キャリアカーバーとビズリーチの比較(2021年11月更新)

リクルートダイレクトスカウトは転職後平均年収950万円以上と、ビズリーチよりも更にハイクラスな求人に絞られている形となります。

登録時の年収記入欄が600万円以上からしかありませんし、リクルートダイレクトスカウトを効果的に活用するには、最低でも現職の年収600万円は必要かと思います。

(登録自体は年収600万円以下でもできます。)

ただし、企業やヘッドハンターからのメールの数はビズリーチよりも少ないと感じたので基本はビズリーチと併用でいいかと思います。

  • 全ての機能を無料で使いたい
  • より高い年収を目指したい

という方は、ビズリーチだけでなく、リクルートダイレクトスカウトも利用してみてはいかがでしょうか。

\更なる年収アップに挑戦するなら/

転職エージェントは必ず複数登録すべき

ひとつ忘れてはいけないことは、転職エージェントは転職者の立場からすると無料のサービスに見えますが、月間の営業目標の数字を持って仕事をしているため、

1社だけの登録だと、営業数字の確保のために年収が低めで内定が出やすい企業を勧められるリスクがあります。(営業である限りしょうがないと思います。)

そのため、転職エージェントは必ず複数社に登録し、エージェント側にも複数登録していることを伝えることが重要です。

また、転職エージェントとは二人三脚で転職活動を進めていくため、担当者との相性があると書きました。

複数の転職エージェントに登録することで、相性の良い担当者に当たる確率も高まるという観点からも複数登録すべきです。

ただし、多く登録し過ぎると転職エージェントとのやりとりで逆に時間を取られるため、3~5社ぐらいの登録がベストかと思います。

年代別おすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

こちらの表を基に、ご自身の経験、自信、性格に合わせて登録してみてはいかがでしょうか。

その他、転職したい業界が決まっているのであれば、その業界に特化した転職エージェントも良いかと思います。

例えば、外資の金融やコンサルならコトラアクシスコンサルティングが有名です。

個人的には、 キャリトレビズリーチリクルートダイレクトスカウトはとりあえずレジュメ登録さえしておけば、企業側からコンタクトが来るので、他の転職サービスと併用して活用するのがおすすめです。

まとめ:個人に合った転職エージェントへの複数登録がおすすめ

年代別のおすすめ転職サイト・転職エージェントをまとめると以下のとおりです。

ロゴ



サービス名マイナビ
ジョブ20’s
マイナビ
エージェント
リクルート
エージェント
dodaアサインJAC Recruitmentキャリトレビズリーチキャリアカーバー
おすすめ年代20代20代後半~30代全員全員20代30代以降20代20代後半以降30代以降
自分のキャリア
への自信度
(2 / 5.0)
(2.5 / 5.0)
(3 / 5.0)
(3 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(5 / 5.0)
特徴適性診断で客観的に自分を分析。第二新卒、未経験に強い。サポートが丁寧で手厚い。サポート期間が無期限求人数No.1。転職関係のセミナーも充実「残業20時間未満」での検索など、圧倒的に求人検索がしやすいオーダーメイドの選考対策資料で差がつく。企業担当と求職者担当が同じ。エージェントの質、求人の質が非常に高いAIがおすすめ求人を提案。「いい求人があれば転職したい」という方におすすめ。時間効率が最も良い。現職が忙しい方に非常におすすめ。ビズリーチよりも更にハイキャリア向け。年収1,000万円以上の求人多数。
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
年代別おすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ

長くなりましたが、ここまで読んでいただいた方はありがとうございました。お疲れ様でした。

あなたにぴったりな転職サイトや転職エージェントを選ぶことができれば、

転職活動の効率が良くなり、転職後の給与や待遇を最大限まで高めることができるはずです。

ただ、ひとつ忘れてはいけないことは、転職エージェントは転職者の立場からすると無料のサービスに見えますが、月間の営業目標の数字を持って仕事をしているため、

1社だけの登録だと、営業数字の確保のために年収が低めで内定が出やすい企業を勧められるリスクがあります。(営業である限りしょうがないと思います。)

そのため、転職エージェントは必ず複数社に登録し、エージェント側にも複数登録していることを伝えることが重要です。

また、転職エージェントとは二人三脚で転職活動を進めていくため、担当者との相性があると書きました。

複数の転職エージェントに登録することで、相性の良い担当者に当たる確率も高まるという観点からも複数登録すべきです。

ただし、多く登録し過ぎると転職エージェントとのやりとりで逆に時間を取られるため、3~5社ぐらいの登録がベストかと思います。

「多すぎて迷っちゃう!」という方は、タイプ別に以下の3つに登録することをおすすめします。

20代の人マイナビジョブ20’s
詳細を見る
リクルートエージェント
詳細を見る
doda
詳細を見る
20代でキャリアに
自信がある人
リクルートエージェント
詳細を見る
アサイン
詳細を見る
doda
詳細を見る
30代の人リクルートエージェント
詳細を見る
マイナビエージェント
詳細を見る
doda
詳細を見る
30代でキャリアに
自信がある人
JAC Recruitment
詳細を見る
ビズリーチ
詳細を見る
リクルートダイレクトスカウト
詳細を見る
年代別おすすめ転職サイト・転職エージェント3選

特に未経験の場合、企業HPや転職サイトからの応募だけだと、書類選考の段階で未経験というフィルターだけで機械的に落とされてしまう可能性があります。

転職エージェントを利用すれば、企業に直接推薦状と合わせて書類送付をしてもらえるため、書類選考の通過率も確実に高くなります

転職活動で失敗しないためには、我流で進めるのではなく、転職サポート経験が豊富な転職エージェントに相談するのが一番です

冒頭で触れたように、過去の私は「いい転職サービスはどれか」で迷って時間を無駄にしました。

本当に迷っている時間がもったいないので、この記事を参考にして、迷っている時間を書類作成や面接対策の時間に使ってください。

皆様の転職活動が上手くいくことを願っております。

当ブログの人気記事
【満足度順】おすすめキャリアコーチングサービスを3選を比較
実際に読んで内定を勝ち取った転職に関する良書【おすすめ5選】
毎日の残業が多くてきつい、仕事を辞めたい。転職した方がいい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました