【公務員から民間】実際に使ったおすすめ転職サイト・転職エージェント【4選】

おすすめ

こんにちは、あると(@alto-fiij)です。

私は、30代前半で国家公務員(いわゆるキャリア官僚)を辞め、民間企業に転職しました。

公務員から民間企業への転職活動にあたっては、転職サイトや転職エージェントを活用しましたが、

官僚や公務員といった「転職市場では一風変わったキャリアを持つ人」が転職サイトや転職エージェントを選ぶポイントは、

ネットでよく見る「転職サイトおすすめ〇選」とは少し違うのかなと感じましたので、

私が実際に公務員から民間企業への転職を成功させた際に使っていた、おすすめの転職サイトや転職エージェントを紹介したいと思います。

結論を先にお伝えすると、私が実際に使って官僚・公務員から民間企業への転職にマッチすると感じた転職サイトや転職エージェントは以下のとおりです。

官僚・公務員におすすめの転職サイト・転職エージェント マイナビエージェント、リクルートエージェント、doda、ビズリーチ
官僚・公務員におすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ
ロゴ

サービス名マイナビ
エージェント
リクルート
エージェント
dodaビズリーチ
自分のキャリア
への自信度
(2.5 / 5.0)
(3 / 5.0)
(3 / 5.0)
(4 / 5.0)
特徴サポートが丁寧で手厚い。サポート期間が無期限求人数No.1。転職関係のセミナーも充実「残業20時間未満」での検索など、圧倒的に求人検索がしやすい時間効率が最も良い。現職が忙しい方に非常におすすめ。
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る
年代別おすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ

私はこの記事で紹介をしている転職サイトや転職エージェントを活用して、複数の戦略コンサルタントや大手企業から年収アップでの内定を頂きました。

転職を検討されている官僚や公務員の方は多忙な方が多いかと思いますので、時間を有効活用するためにも、是非参考にしていただければと思います。

転職サイトと転職エージェントの違い

現在、官僚や公務員として働かれている方の多くは転職経験がないかと思いますので、

まずは改めて転職サイトと転職エージェントの違いについて簡単に紹介します。

転職サイトとは|メリットとデメリット

転職サイトとは、多数の求人情報が閲覧し、その中から自由に応募することができるサービスです。

公務員としての仕事が忙しい中でも自分のペースで転職活動ができることがメリットです。

ただし、求人への応募、履歴書や職務経歴書といった書類作成、面接の日程調整、条件交渉など、全て自力でやる必要がある点はデメリットとなります。

転職は選択肢の一つとして考えていて、まずは様々な求人を見てみたい官僚や公務員の方や、特に転職を急いでいない官僚や公務員の方におすすめです。

転職エージェントとは|メリットとデメリット

転職エージェントとは、あなたに担当者がつき、転職のサポートをしてくれるサービスです。

転職エージェントとの面談を通して、条件に合いそうな求人の検索や求人への応募、面接の日程調整や条件交渉など、膨大な手続き関係は転職エージェントが行ってくれます。

また、履歴書や職務経歴書といった書類作成についてもアドバイスをもらえたり、面接対策をやってもらえたり、

実際に企業から面接のフィードバックを聞き取ってもらえたりと、転職に慣れていない官僚や公務員に必須のサポートも万全です。

また、冒頭に書いたように、官僚や公務員は「転職市場では一風変わったキャリアを持つ人」です。

官僚や公務員がどのような戦略で転職活動を進めていくべきか、転職のプロの立場から経験も踏まえてアドバイスしてくれます。

また、通常の転職サイトや企業ホームページからの募集にはない非公開求人を取り扱っている転職エージェントも多い点も特徴です。

あえてデメリットを上げるとなると、転職エージェントとは二人三脚で転職活動を進めていくため、担当者との相性があるというところです。

POINT!

転職サイト

 ・多数の求人情報が閲覧でき、その中から自由に応募が可能

転職エージェント

 ・担当のエージェントから転職に関するアドバイスやサポートを受けられる

 ・非公開求人を紹介して貰える

官僚・公務員から民間企業への転職における転職サイト・転職エージェントの選び方

上記のような理由から、官僚や公務員から民間企業への転職においては転職エージェントを軸に転職サイトも上手く使いながら転職活動を進めるのがおすすめです

では、実際に公務員から民間企業に転職した私が考える官僚や公務員から民間企業への転職を目指す際の転職サイトと転職エージェントの選び方のポイントは以下のとおりです。

POINT!

①大手転職サイト・大手転職エージェントを軸にする

②20代の方は20代向けの転職エージェントもしっかり活用する

③20代後半や30代以降の方は、ハイクラスの転職エージェントも活用する

①大手転職サイト・大手転職エージェントを軸にする

大手転職サイト・大手転職エージェントは取り扱い求人が多く、紹介可能な業種や職種も様々です。

官僚や公務員から民間企業への転職は未経験業種・未経験職種の転職となります。

基本的に未経験職種・未経験職種の転職は年収ダウンとなることも多いですが、選択肢を多く持つことで、好条件な求人を紹介してもらうことが可能です。

また、大手転職サイト・大手転職エージェントでは、転職の大きな流れや基本ノウハウについてのセミナーなど、転職に慣れていない官僚や公務員の方が利用すべきサービスも充実しています。

②20代向けの転職エージェントも活用する

官僚や公務員の業務はそのものに専門性があるわけではないため、どのように自分をアピールするのが効果的なのか、そもそも何をアピールすべきなのか非常に説明が難しいです。

特に20代前半の官僚や公務員の方は転職市場における自分の価値が分からないことが多いかと思います。

あなたが20代前半の官僚や公務員でしたら、20代の転職サポートに慣れている転職エージェントも活用することがおすすめです。

③ハイクラスの転職エージェントも活用すること

「官僚や公務員から民間企業への転職は未経験業種・未経験職種の転職となるため年収ダウンとなることも多い」と書きましたが、

ハイクラスの転職エージェントを活用することで、むしろ年収アップのチャンスが生まれます

ハイクラスの転職エージェントは官僚や公務員の強みをしっかりと理解してくれた上で、質の高い(待遇の良い)求人を紹介してくれます。

また、行きたい業界が決まっている官僚や公務員の方は、上記に加えて業界特化型の転職エージェントも選択肢に入ります

官僚・公務員におすすめの転職サイト・転職エージェント

官僚・公務員におすすめの転職サイト・転職エージェント マイナビエージェント、リクルートエージェント、doda、ビズリーチ
官僚・公務員におすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

マイナビエージェント

官僚・公務員におすすめの転職エージェント マイナビエージェント

マイナビエージェント特に20代前半の官僚や公務員におすすめしたい転職エージェントです。

マイナビエージェントは若手(20代~30代)の転職に強く、未経験業種・未経験職種への転職へのサポートが手厚い点で若手官僚や公務員の方におすすめできるポイントです。

また、一般的な転職エージェントのサポート期間は3か月としているところが多いですが、マイナビエージェントはサポート期間が無期限である点も親身になって転職サポートしてくれる企業色が出ています。

実施に私も最初に転職を考えた際にマイナビエージェントに登録しましたが、初めての転職活動で公務員から民間企業への転職で何を強みとしてアピールすればいいか分からない私にも丁寧にサポートいただけました。

ただ、その丁寧さのあまり比較的求人数が少ないのが玉に瑕なので、求人数の多いリクルートエージェントやdodaと併用するのがおすすめです。

\20代に信頼されている転職エージェントNo.1

リクルートエージェント

官僚・公務員におすすめの転職エージェント リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートが運営する業界最大手の転職エージェントであり、総求人数は業界トップです。

サイトから登録すると面談の連絡が来ますので、リクルートエージェントの場合はキャリアインタビュアーという方と面談で転職理由や転職の軸(転職で求めること)を確認します。

その後、コンサルタントという方がおすすめの求人を探してくれて、ジョブコーディネーターという方を窓口として連絡を取り合い、気になったものに応募していく流れです。

リクルートエージェントはかなり仕事が細分化されてややこしいのですが、doda マイナビエージェントといった大手エージェントは大体同じような流れです。

基本的な窓口となってくれるジョブコーディネーターの方は企業の情報に精通していないため、正直伝言ゲーム感が否めませんが、

企業の情報をコンサルタントが手分けして担当しなければならないぐらい求人数が多いので、しょうがないでしょう。

私は大きく分けて2回転職活動をしているのですが、2回目の時はなぜか直接の連絡がほぼコンサルタントの方とでしたので、非常にスムーズにやり取りができました。(体制が変わった?)

さて、私がリクルートエージェントをおすすめする理由は無料で実施されるセミナーが非常に充実しているからです。

特にはじめて転職される官僚や公務員の方は「面接力向上セミナー」を受けるためだけでもリクルートエージェントに登録する価値があります

「面接力向上セミナー」は「企業はどういう人材を求めていて、それに対して転職者はどうアプローチすればよいか」端的に説明してくれるため、

これを受けないで転職活動を進めることは非効率かつ他の転職者に出遅れると言っても過言ではありません

また、官僚からの転職では特に多い「コンサルティング業界セミナー」等で業界の構造や主要な企業の特徴をざっくりと効率的に把握することでもできますのでこちらも受けて良かったです。

ハイクラスの転職エージェントをメインにして転職活動する方も必ず登録しておくべき転職エージェントとしておすすめします。

2021/9 追記

最近「リクルートエージェント 公務員」で検索流入される方が多いため、リクルートエージェントについては、『【体験談】リクルートエージェントが公務員におすすめの理由・評判を解説』で少し詳しく解説していますのでこちらもどうぞ。

\満足度97%の面接力向上セミナーで通過率17%UP

doda

官僚・公務員におすすめの転職サイト doda

doda リクルートエージェントに次ぐ求人数を抱えており、転職サイトでありながら転職エージェントの機能があることが特徴です。

私も公務員からの転職を考え始めたころ、官僚を辞めて公務員から民間企業に転職した先輩からすすめられて最初に登録した転職サイトの一つです。

dodaの転職サイトは非常に見やすく、求人が探しやすいため、転職サイトで求人を探して、転職エージェントで応募する使い方がおすすめです。

通常、求人数が多いとなかなか検索が難しいのですが、dodaでは「勤務地」「業種・職種」「年収」での検索はもちろん、

「在宅勤務」「残業20時間未満」「服装自由」「フレックス勤務」など、他の転職サイトにない切り口で求人を探すことが可能です。

転職エージェントとしては、リクルートエージェントと立ち位置が被る気もするので、

担当者が合うか合わないかでdodaとリクルートエージェントのどちらをメインとするか決めてみてもいいかもしれません。

\人気の優良求人は早い者勝ち!/

ビズリーチ

官僚・公務員におすすめの転職サイト ビズリーチ

ビズリーチ個人的に最もおすすめしたい転職サイトです。

ビズリーチは普通の転職サイトではなく、自分の職務経歴やスキルを登録することによって、企業やヘッドハンター側からオファーが来る仕組みとなっています。

企業やヘッドハンター側は私たちが「官僚や公務員といった転職市場では一風変わったキャリアを持つ人」であることを分かった上でオファーが来るため、

大手転職エージェントの紹介求人に比べ、企業やヘッドハンター側とのミスマッチが少ないと感じました。

特に行きたい業界を決めていない人にとっては、自分が想像もしていなかった業界・企業からもオファーが来るため、転職先の可能性を広げる上でもかなり有効です

また、レジュメをしっかり作りこめば、主体的に動く時間も最小限で抑えられるため、時間コストの面でも優秀です。

ただし、オファーという性質上、社会人経験が少なすぎると音沙汰がないため、27~28歳以上ぐらい(もしくは学歴が高い方)が有効に活用できる目安でしょうか。

ちなみに、ビズリーチは無料プランの場合は機能に制限がありますが、無料で有料プランが使えるプレミアムチケットなるものがあり、

  • 基本ステップ完了   :30日間のプレミアムチケット
  • 無料体験への申込   : 7日間のプレミアムチケット
  • スカウトへ返信(5人) :30日間のプレミアムチケット

上記を全て満たせば67日間は有料プランを無料で利用できます

その他にも

  • 新規登録で30日間のプレミアムチケット
  • レジュメ更新で30日間のプレミアムチケット
  • 〇周年記念で30日間のプレミアムチケット」

など、キャンペーンを利用すれば、より長い期間有料プランを無料で利用できます。

ビズリーチの登録には年収制限がないものの、年収600万円以上の求人がかなり多く、年収アップが狙える点もいいですね。

また、ずっと無料がいいという方は、リクルートが運営するキャリアカーバーが同様の仕組みを完全無料で提供しているため、こちらも試してみてもいいかもしれません。

2021/6 追記

最近「ビズリーチ 公務員」で検索流入される方が多いため、ビズリーチについては、『【体験談】ビズリーチが公務員におすすめの理由・評判を解説』で少し詳しく解説していますのでこちらもどうぞ。

\公務員でも年収アップを諦めたくないなら/

転職エージェントは必ず複数登録すべき

ひとつ忘れてはいけないことは、転職エージェントは転職者の立場からすると無料のサービスに見えますが、月間の営業目標の数字を持って仕事をしているため、

1社だけの登録だと、営業数字の確保のために年収が低めで内定が出やすい企業を勧められるリスクがあります。(営業である限りしょうがないと思います。)

そのため、転職エージェントは必ず複数社に登録し、エージェント側にも複数登録していることを伝えることが重要です。

また、転職エージェントとは二人三脚で転職活動を進めていくため、担当者との相性があると書きました。

複数の転職エージェントに登録することで、相性の良い担当者に当たる確率も高まるという観点からも複数登録すべきです。

ただし、多く登録し過ぎると転職エージェントとのやりとりで逆に時間を取られるため、3~5社ぐらいの登録がベストかと思います。

例えば、今回おすすめした4社の中から選ぶのであれば、

20代の若手官僚や若手公務員の方は、リクルートエージェントdoda マイナビエージェント

30代以降の官僚や公務員の方は、リクルートエージェント doda ビズリーチ

を軸に、ご自身の経験、自信、性格に合わせて少し変えてみてはいかがでしょうか。

その他、転職したい業界が決まっているのであれば、その業界に特化した転職エージェントも良いかと思います。

例えば、外資の金融やコンサルならコトラアクシスコンサルティングが有名です。

個人的には、ビズリーチはとりあえずレジュメ登録さえしておけば、企業側からコンタクトが来るので、他の転職サービスと併用して活用するのがおすすめです。

\毎月の新規登録者数51,000人以上/

まとめ:官僚・公務員から民間企業への転職には個人に合った転職エージェントへの複数登録がおすすめ

官僚・公務員から民間企業への転職におけるおすすめの転職サイト・転職エージェントをまとめると以下のとおりです。

ロゴ

サービス名マイナビ
エージェント
リクルート
エージェント
dodaビズリーチ
自分のキャリア
への自信度
(2.5 / 5.0)
(3 / 5.0)
(3 / 5.0)
(4 / 5.0)
特徴サポートが丁寧で手厚い。サポート期間が無期限求人数No.1。転職関係のセミナーも充実「残業20時間未満」での検索など、圧倒的に求人検索がしやすい時間効率が最も良い。現職が忙しい方に非常におすすめ。
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る
年代別おすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ

何度も言うように官僚や公務員といったキャリアは「転職市場では一風変わったキャリア」となります。

そのようなキャリアにぴったりな転職サイトや転職エージェントを選ぶことは、時間を効率的に使うことが肝である転職活動において重要なことと私は考えます。

この記事があなたの転職サイトや転職エージェント選びの参考になれば幸いです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました