【経験談】官僚・公務員から民間企業への転職は難しいか

おすすめ

こんにちは、あると(@alto-fiij)です。

私は、30代前半で国家公務員(いわゆるキャリア官僚)を辞め、民間企業に転職しました。

官僚や公務員で転職を考えている方の多くは

  • 官僚や公務員から民間企業の転職は難しいのではないか。
  • 官僚や公務員から民間企業にうまく転職できたとしても使い物にならないのでは。

という悩みを抱えているかと思います。

実際に私も最初は内定が出ず、公務員から民間企業への転職は難しいのではないかと悩んでいました。

しかし、自分の強みを見つめ直し、面接でのアプローチを工夫したところ、複数の戦略コンサルタントや大手企業から内定を頂き、最終的には倍率500倍超の超ホワイト企業に転職できました。

そして、転職後も問題なく業務をこなし、入社数か月後にはプロジェクトのメイン担当を任されるほど信頼されて仕事が出来ています

「官僚・公務員から民間企業への転職は難しいか」について、私の経験に基づいてshareしたいと思います。

スポンサーリンク

官僚・公務員から民間企業への転職は難しいか

官僚・公務員から民間企業への転職の難しさは年代毎で大きく変わります。

  • 20代:普通に転職可能
  • 30代前半:多少難しいが大きなハンデとはならない
  • 30代後半以降:難易度はそれなりに高い

結局、官僚・公務員から民間企業への転職は「未経験業界・業種への転職」です。

「ビジネス感覚の有無」や「難易度の高い試験を突破した頭脳」など多少の差し引きはありますが、

難易度としては「未経験業界・業種で民間企業から民間企業に転職する」と大きく変わらないと思います。

転職タイミングは早ければ早いほど有利であることは間違いありませんが、

実際に私の周りでも多くの官僚や公務員が民間企業への転職を成功していますし、

官僚・公務員から民間企業への転職が特別難しいものとは思えません。

官僚・公務員から民間企業への転職で意識したい公務員の「強み」と「弱み」

官僚や公務員から民間企業への転職前と転職後を分析する前提として、まずは官僚や公務員の「強み」と「弱み」について考えたいと思います。

もちろん個人差はあるかと思いますが、私はおおよそ以下については当てはまる方が多いのではないかと考えます。

  • 官僚・公務員の「強み」
    • 多くの関係者と調整しながら(巻き込みながら)物事を進める力
    • 物事を分かり易くかみ砕いて説明する力
  • 官僚・公務員の「弱み」
    • 専門性のなさ

それぞれについて解説していきましょう。

多くの関係者と調整しながら(巻き込みながら)物事を進める力

官僚や公務員の業務は良くも悪くもしっかりと組織化(縦割り化)されている上に、担当者の判断では決定できる範囲が狭く、チームプレーが余儀なくされます。

私も公務員時代は概ね省内だけでも50を超える担当係とのやりとりは常に発生しており、それぞれで利害関係が異なるため、調整には苦慮した経験があります。(省外の関係者だとなおさら)

そのような多くの関係者との調整の経験は、民間企業での仕事でも十分活かせる部分であり、是非強みとして認識して頂きたいです。

物事を分かり易くかみ砕いて説明する力

官僚や公務員の仕事を要約するのであれば、「物事を分かり易くかみ砕いて説明する仕事」と私は思います。

私のように霞が関で働く人であれば上司や財務省、国会議員の先生に、

地方公務員で窓口業務をやられている方であれば住民の方に、

「専門用語を使わずに分かり易く説明すること」が仕事ではないでしょうか。

そして、分かり易いだけではなく、正確性も(時には必要以上に)求められますし

急な対応で正直よくわからないこと(例えば20年前にどういう整理がされていたか等)の説明を求められることもあるかと思います。

そのため、日々の業務で「説明力」は相当鍛えられているはずです。

販売員の方のように物を売るセールストークは苦手かもしれませんが、論理的に物事を整理して説明することが求められる職場であれば「説明力」という強みは活かせると思います。

専門性のなさ

官僚や公務員にも専門性はあるのですが、「民間企業でそのまま役に立つ専門性」という観点からは専門性を持たない人が多いのではないでしょうか。

ある分野の法律にすごく詳しくても、それが民間企業ではニッチ分野でしか役に立たないことということはままあるかと思います。

ある業界狙い撃ちで転職するのであれば、活かせるかもしれませんが、「私の専門知識がそのまま御社で活かせます!」とアピールするには少し難しいかもしれません。

ただ、冒頭申し上げたとおり、公務員から民間企業への転職は「未経験業界・業種への転職」と大きく変わりません。

未経験業界・業種への転職では、そもそも専門性は大きく評価されないため、採用にあたっても大きく影響しないですし、

転職後もそこを求められて採用されている可能性はかなり低いかと思います。

官僚・公務員から民間企業への転職後、活躍は難しいか

官僚や公務員でも民間企業から内定を貰うことは可能ということが分かりましたが、内定を貰うことと内定後に社内で活躍することは別問題です。

ただ、私は元官僚・元公務員は民間企業でも十分活躍可能と考えています。

官僚や公務員の強みは前述のとおりですが、官僚や公務員は民間企業の方と比べてもう一つ強みを持っています。それは「新しい仕事に順応する能力」です。

官僚や公務員は通常1~3年程で異動を繰り返します。そして、感覚的には、着任3日後には担当業務の5割は理解し、2週間後には8~9割は理解する必要があります。

このジョブローテーションの多さ瞬時に順応する必要がある環境官僚・公務員の武器となるのです。

私の場合、転職後の職場からは「最初の3か月は社内のルールとかをゆっくり勉強してくれればいいよ。」と言われていましたが、

入社2か月後にはプロジェクトの社内方針決定の資料の作成などをしていました。(それでも個人的にはかなりゆっくりとした感覚でした。)

この記事を読んでいる公務員の方も面接官から「公務員から民間企業の転職ですが心配はありませんか?」と聞かれた場合は、

胸を張って「公務員ですので、仕事が変わるのには慣れていますのでその点では心配はないです。」と答えてください。

官僚・公務員から民間企業への転職が難しい本当の要因

実際に公務員を辞めて民間企業へ転職した私が思う官僚や公務員から民間企業への転職が難しい本当の要因は「現状維持バイアス」にあるかと思います。

現状維持バイアスとは

たとえ有益であったとしても、知らないものや経験したことのないものを受け入れることに心理的な抵抗が生じ、現在の状況に固執してしまう傾向のこと

公務員の方はそもそもの性質・性格として「安定志向」の方が非常に多いと思います。

そして、仕事の性質上仕方がないのですが、公務員の業務を通してその「安定志向」に磨きがかかります。

特に地方の場合、公務員の待遇は悪くない場合が少なくなく、現状の仕事に満足感はなくても「2~3年もすれば異動があるから…」、「給料はよくないかもしれないけど安定はしているし」と、

現状維持バイアスが働き、「仕事」は人生の1/3を占めるにも関わらず、「現状を変えよう、よくすよう」という判断ができなくなります。

そんな官僚公務員の方に私が伝えたいことは「転職はリスクを伴うが、転職活動はノーリスクである」ということです。

あなたが公務員を目指したとき、「安定しているから」だけで公務員を目指したわけではないと思います。

  • 地元をもっと良くしたい
  • この業界をもっと良くしたい
  • 人の役に立ちたい

あなたが仕事を通して成し遂げたかったことは公務員でしかできないことでしょうか。

もしかしたら「公務員で働いた経験を持つ民間企業で働く人」のほうが実現できることもあるのではないでしょうか。

内定が出たら絶対に転職しないといけないわけでもないですし、転職活動を経験することで公務員を続けるとしても本当に何をしたいのかを見つめ直すことができます。

まとめ:官僚・公務員から民間企業への転職が特別難しいわけではない

まとめると以下のようになります。

POINT!

官僚・公務員から民間企業への転職は「未経験業界・業種」への転職と大きく変わらない

「新しい仕事に順応する能力」も立派な官僚・公務員の強み

官僚・公務員から民間企業への転職を難しくする本当の要因は「現状維持バイアス」

転職はリスクを伴うが、転職活動はノーリスクである

「公務員は公務員としてしか働けない」と勘違いしている人もいるかもしれませんが、私は業界や職種を選べば十分に活躍可能と考えています。

そして「現状維持バイアス」に取りつかれず、まずは「転職」ではなく「転職活動」を通して、自分にとっての仕事を見つめ直してみることに大変意味があるかと思います。

実際に私も、初めての転職活動では転職はせず、2年間という時間をおいて最終的に転職をするという人生を選びました。

「公務員を辞める」という相談は、親やパートナーという自分の周りの人に相談しても「もったいない」という実情を知らない「現状維持バイアス」にまみれた回答が返ってくるので、転職エージェントなどのプロに相談することがおすすめです。

もしあなたが本当に転職すべきでないならば「あなたにこれ以上の求人はないので転職しない方がいいですよ」とアドバイスしてくれますし、もしかしたら非常に好待遇な求人を紹介してくれるかもしれません。

そして、いざ転職の書類選考や面接選考に挑む際には、民間企業ではなかなか鍛えにくい部分はどこなのか、公務員の強みとは何か、をしっかりを分析して挑んで頂ければと思います。

また、私が実際に官僚を辞め、民間企業に転職した際に感じたことは、「官僚や公務員は転職市場では一風変わったキャリアを持つ人」であるということです。

そんな「転職市場では一風変わったキャリアを持つ人」におすすめの転職サイトや転職エージェントは『【公務員から民間】実際に使ったおすすめ転職サイト・転職エージェント【4選】』で詳しく解説していますので、こちらもあわせて参考にしていただければと思います。

この記事があなたのより良い転職に繋がれば幸いです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました