官僚・公務員から民間企業への転職は難しいか【実際に転職してみて思うこと】

事前準備・考え方

こんにちは、あると(@alto-fiij)です。

私は、30代前半で国家公務員(いわゆるキャリア官僚)を辞め、民間企業に転職しました。

官僚や公務員で転職を考えている方の多くは

  • 官僚や公務員から民間企業の転職は無謀だろうか。
  • 官僚や公務員から民間企業にうまく転職できたとしても使い物にならないのでは。

という悩みを抱えているかと思います。

実際に私も最初は内定が出ず、公務員から民間企業への転職は難しいのではないかと悩んでいました。

しかし、自分の強みを見つめ直し、面接でのアプローチを工夫したところ、複数の戦略コンサルタントや大手企業から内定を頂き、最終的には倍率500倍超の超ホワイト企業に転職できました。

そして、転職後も問題なく業務をこなし、入社数か月後にはプロジェクトのメイン担当を任されるほど信頼されて仕事が出来ています

「官僚・公務員から民間企業への転職は難しいのか」について、私の経験に基づいてshareしたいと思います。

スポンサーリンク

官僚・公務員の「強み」と「弱み」

官僚や公務員から民間企業への転職前と転職後を分析する前提として、まずは官僚や公務員の「強み」と「弱み」について考えたいと思います。

もちろん個人差はあるかと思いますが、私はおおよそ以下については当てはまる方が多いのではないかと考えます。

  • 官僚・公務員の「強み」
    • 多くの関係者と調整しながら(巻き込みながら)物事を進める力
    • 物事を分かり易くかみ砕いて説明する力
  • 官僚・公務員の「弱み」
    • 専門性のなさ

それぞれについて解説していきましょう。

多くの関係者と調整しながら(巻き込みながら)物事を進める力

官僚や公務員の業務は良くも悪くもしっかりと組織化(縦割り化)されている上に、担当者の判断では決定できる範囲が狭く、チームプレーが余儀なくされます。

私も公務員時代は概ね省内だけでも50を超える担当係とのやりとりは常に発生しており、それぞれで利害関係が異なるため、調整には苦慮した経験があります。(省外の関係者だとなおさら)

そのような多くの関係者との調整の経験は、民間企業での仕事でも十分活かせる部分であり、是非強みとして認識して頂きたいです。

物事を分かり易くかみ砕いて説明する力

官僚や公務員の仕事を要約するのであれば、「物事を分かり易くかみ砕いて説明する仕事」と私は思います。

私のように霞が関で働く人であれば上司や財務省、国会議員の先生に、

地方公務員で窓口業務をやられている方であれば住民の方に、

「専門用語を使わずに分かり易く説明すること」が仕事ではないでしょうか。

そして、分かり易いだけではなく、正確性も(時には必要以上に)求められますし

急な対応で正直よくわからないこと(例えば20年前にどういう整理がされていたか等)の説明を求められることもあるかと思います。

そのため、日々の業務で「説明力」は相当鍛えられているはずです。

販売員の方のように物を売るセールストークは苦手かもしれませんが、論理的に物事を整理して説明することが求められる職場であれば「説明力」という強みは活かせると思います。

専門性のなさ

官僚や公務員にも専門性はあるのですが、「民間企業でそのまま役に立つ専門性」という観点からは専門性を持たない人が多いのではないでしょうか。

ある分野の法律にすごく詳しくても、それが民間企業ではニッチ分野でしか役に立たないことということはままあるかと思います。

ある業界狙い撃ちで転職するのであれば、活かせるかもしれませんが、「私の専門知識がそのまま御社で活かせます!」とアピールするには少し難しいかもしれません。

スポンサーリンク

いわゆる「総合職」であれば転職することは難しくない

これらの「強み」や「弱み」から分析するに、私は、官僚や公務員が民間企業に転職するにあたり、どんな業界であっても、いわゆる「総合職」であれば転職することは難しくないと思います。

民間企業の総合職に求められるスキルと公務員のスキル(強み)とは親和性があるため、公務員の経験を自己PRとしてアピールすることは可能ですし、

実態は自治体や部署によって違うかもしれませんが、「公務員=お堅い=物事を通すことが難しい」というイメージを持っている方は多いため、「官僚・公務員でありながら何かを成し遂げた」というところまでアピールできるのであれば強い武器となります。

また、「コンサルタント業界」も官僚や公務員の転職先として多い業界かと思います。

公務員は筆記試験が必須で最低限の学力が保証されていたり、官僚や公務員が得意とする論理的に物事(文章)を構成する力はコンサルタントに必要なスキルでもあります。

実際私もいわゆる「総合職」や「コンサルタント業界」で複数社からの内定を頂きました。

一方で、いわゆる「専門職」で転職することはかなり難しいでしょう。

転職である限りは多かれ少なかれ「即戦力」であることが求められます。特に企業側も総合職のポテンシャル採用とは異なり、専門職は即戦力を期待することが多いです。

もし、専門性の高い分野に転職したい場合は、

  • 少しでも早く転職する(できれば20代のうちに)
  • スクール等で経験を積む

などの行動が必要かもしれません。(もちろん技術系の公務員で専門が合致する場合は別かもしれません。)

スポンサーリンク

元官僚・元公務員は民間企業でも十分活躍可能

官僚や公務員でも民間企業から内定を貰うことは可能ということが分かりましたが、内定を貰うことと内定後に社内で活躍することは別問題です。

ただ、私は元官僚・元公務員は民間企業でも十分活躍可能と考えています。

官僚や公務員の強みは前述のとおりですが、官僚や公務員は民間企業の方と比べてもう一つ強みを持っています。それは「新しい仕事に順応する能力」です。

官僚や公務員は通常1~3年程で異動を繰り返します。そして、感覚的には、着任3日後には担当業務の5割は理解し、2週間後には8~9割は理解する必要があります。

このジョブローテーションの多さ瞬時に順応する必要がある環境官僚・公務員の武器となるのです。

私の場合、転職後の職場からは「最初の3か月は社内のルールとかをゆっくり勉強してくれればいいよ。」と言われていましたが、

入社2か月後にはプロジェクトの社内方針決定の資料の作成などをしていました。(それでも個人的にはかなりゆっくりとした感覚でした。)

この記事を読んでいる公務員の方も面接官から「公務員から民間企業の転職ですが心配はありませんか?」と聞かれた場合は、

胸を張って「公務員ですので、仕事が変わるのには慣れていますのでその点では心配はないです。」と答えてください。

スポンサーリンク

まとめ:公務員から民間企業への転職は可能。活躍もできる。

まとめると以下のようになります。

POINT!

官僚・公務員から民間企業への転職は可能

官僚・公務員の「強み」について理解を深めるべし

「新しい仕事に順応する能力」も立派な官僚・公務員の強み

「公務員は公務員としてしか働けない」と勘違いしている人もいるかもしれませんが、私は業界や職種を選べば十分に活躍可能と考えています。

民間企業ではなかなか鍛えにくい部分はどこなのか、公務員の強みとは何か、をしっかりを分析して転職の書類選考や面接選考に挑んで頂ければと思います。

また、私が実際に官僚を辞め、民間企業に転職した際に感じたことは、「官僚や公務員は転職市場では一風変わったキャリアを持つ人」であるということです。

そんな「転職市場では一風変わったキャリアを持つ人」におすすめの転職サイトや転職エージェントは『【転職したい官僚・公務員向け】元官僚がおすすめする転職サイト・転職エージェント』で詳しく解説していますので、こちらもあわせて参考にしていただければと思います。

この記事があなたのより良い転職に繋がれば幸いです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました