Audible(オーディブル)を使ってみた感想【自己投資にも転職活動にもおすすめ】

ライフスタイル・価値観

こんにちは、あると(@alto-fiij)です。

皆さん、読書できていますか?

読書はかかるコスト(大体1,000円~3,000円)に対して、得られるリターンが非常に大きいコスパ最強の自己投資の王道ですが、

私は子どもが生まれてから読書量がめっきり減ってしまいました。

読書をした方がいいことは分かっているのですが、なかなか時間が取れない。

そして時間が取れないことを言い訳に読書から離れていく。。。

このままではいけないと、試しに登録してみたAudible(オーディブル)が非常に良かったので感想をshareしたいと思います。

Audible(オーディブル)とは

Audible(オーディブル)は、Amazonが運営する「聴く」読書です。

プロのナレーターが朗読した本をスマホ等のアプリで聴くことができます。

移動中や作業中など、いつでもどこでも「ながら読書」ができるため、場所や時間の制約がありません

オフライン再生も可能なので、お家のWifiでダウンロードしておけば、スマホの通信制限も安心です。

Audible(オーディブル)で聴けるジャンル

Audible(オーディブル)では様々なジャンルの本を聴くことができます。

例えばほんの一例ですが、

自己啓発 約53,000タイトル
ビジネス・キャリア 約32,000タイトル
文学・フィクション 約64,000タイトル
語学学習 約13,000タイトル
絵本・児童書 約52,000タイトル
ライトノベル 約1,200タイトル

など、思った以上に幅広いジャンルで色々なタイトルがあります。

ビジネス書の『FACTFULNESS』から、ライトノベルの『転生したらスライムだった件』、語学学習では英語はもちろんアラビア語の教材まであります。

Audible(オーディブル)の特典

毎月オーディオブックを1冊無料で購入できる

Audible(オーディブル)では、毎月1コインが付与され、こちらのコインでオーディオブックを1冊無料で購入することができます。

月額料金の1,500円を超える書籍にも使える(例えば4,000円のオーディオブックも1コインで購入できる)ので、お得感がありますね。

毎月無料で聴けるボーナスタイトルがある

コインで自由に選べるオーディオブックに加えて、ボーナスタイトルとして月替わりのオーディオブック1冊が無料で進呈されます。

ボーナスタイトルはダウンロードにコインは必要ありません。

つまり毎月付与されるコインとボーナスタイトルを合わせて月2冊は無料でダウンロ―ドできるということですね。

ボーナスタイトルは様々なジャンルから選ばれているようですので、読書の幅=知識の幅を広げるきっかけとなりそうです。

30日間無料キャンペーン実施中!/

Audible(オーディブル)のメリット

スキマ時間を有効活用できる

Audible(オーディブル)は耳しか使わず手と目が空くので、本を読む(聴く)ことができる場面が増えました

  • 自宅から駅までの間
  • 通勤電車の中
  • 家事をしながら
  • 筋トレ・ランニング中

移動中やあまり頭を使わない簡単な作業中であれば、それをすべて読書時間にできます。

目が疲れない

Audible(オーディブル)は「聴く」読書なので、目を使いません。

私は仕事が基本デスクワークかつ、最近ではオンラインでの会議も増えて目を使う時間が増えました。

目を休めながら読書できるのはメリットが大きいです。

また、寝る前にスマホを見ると寝れなくなっちゃう人は睡眠導入にもいいかもしれません。

読書を習慣化できる

個人的に最大のメリットは「読書の習慣化」だと思います。

Audible(オーディブル)を使うと、読書のために場所と時間を確保する必要がなくなり、

移動や家事など義務的な時間を有効活用することで読書を習慣化できます。

仕事が遅くなり平日はなかなか時間が取れない中、いろいろなことをしたい休みの日にまとまった時間を確保する必要がないのです。

他の人が移動だけしている間に、あなたは自己投資も同時にできる。

それが毎日の通勤時間分積み重なると大きな差になると思いませんか?

Audible(オーディブル)のデメリット

これまでまとめてきたとおりAudible(オーディブル)には多くのメリットがありますが、少しだけデメリットもあります。

電子書籍に比べると作品数が少ない

Audible(オーディブル)は文字データを機械に読ませているのではなく、プロのナレーター(作品によっては有名声優や俳優)が朗読しているため、

紙の書籍はもちろん、電子書籍に比べても作品数は少ないです。

ただ、それが大きなデメリットかと言われると、例えば私がよく読む(聴く)ビジネス・キャリアであれば約32,000タイトルが用意されているなど、

相当な読書家の方は不満があるかもしれませんが、たまに気になった本を読む程度の方には気にならないレベルかと思います。

少し高い

Audible(オーディブル)の月額料金は1,500円(税込)です。

私は他にサブスクサービスとしてHuluを契約しているのですが、毎月1,000円ちょっとです。

それを考えた際に最初は「1,500円はちょっと高いかな」という印象でした。

ただ、よく考えると1,500円って本1冊の値段くらい(Audible(オーディブル)なら毎月2冊無料)ですし、

「1,500円で強制的に読書を習慣化できる」と考えると「高い」とは思わなくなりました。

むしろ、強制的に運動を習慣化できるジム(8,000円~15,000円ぐらい)に比べれば「安い」という印象です。

Audible(オーディブル)おすすめの使い方

通勤・通学中

私だけでなく、Audible(オーディブル)を使っている人のほとんどは移動中に利用していると思います。

電車で座れるときはいいのですが、立っている中で本を読むのは難しいですし、

徒歩移動⇔電車移動の切り替え時や電車の乗り換えタイミングでも切れ目なく読書できるのが利点です。

歩きスマホでのYoutubeは危ないですからね。

英語学習

Audible(オーディブル)では、語学学習ジャンルで約13,000タイトル、そのうち英語ジャンルで約3,000タイトルがあります。

そして、Audible(オーディブル)では書籍のほかに、聴き放題のポッドキャストもあるのですが、

英語学習で有名なアルクの英語チャンネルは週2回更新されています。

週に2本、1年間、通勤や通学、家事をしながら聴き続けるだけで英語力の維持・向上ができるなんて画期的です。

Audible(オーディブル)には倍速再生機能もあり、再生速度を0.5倍~3.5倍まで変更できるので、実践的な英語学習にも最適です。

転職活動

忙しい現職をこなしながら行う転職活動中に本を読む時間をしっかりと確保することは難しい。

だけど、転職は失敗したくないので、転職に関する本はしっかりと読みたい。

そこで私は通勤時間中に転職本読んでいたのですが、職場で鞄からポロリしてしまわないか冷や冷やしていました

Audible(オーディブル)だとスマホアプリで聴くことができるため、職場で転職本を読んでいることがばれる心配がありません

まとめ:まずはAudible(オーディブル)の無料体験を試してほしい

まとめると以下のとおりです。

  • スキマ時間を有効活用できる
  • 目が疲れない
  • 月1,500円(税込)で読書習慣ができる(個人的には安い!)

「聴く」読書は今までにあまりないサービスなので、まずは体験してみないと分からないこともあるかと思います。

なので、まずは体験してみてほしいです。

今なら30日間無料体験できますし、Audible(オーディブル)はいつでも退会可能なので、

合わなければ無料体験期間に退会処理をすればお金はかかりません

ぜひ、この機会に体験してみてはいかがでしょうか。

この記事が皆様のよりよい自己投資に繋がれば幸いです。

では、また。

30日間無料キャンペーン実施中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました