1年未満で退職をして転職はできる?成功率を上げる方法は?

1年未満で退職をして転職はできる?成功率を上げる方法は?事前準備・考え方
  • 就職活動に失敗した…。とりあえず就職したけど転職したい…。
  • 転職先が合わない…。転職をして1年未満だけど辞めたい…。
  • 短期離職は転職に不利って聞いたけど実際はどうなの?

この記事では、これらの悩みがある方のために、1年未満の早期退職の転職について解説します。

この記事を読めば以下のことが分かります。

  • 実際に早期退職をする人ってどれくらいいるの?
  • 1年未満の短期離職は不利になる?転職はできる?
  • 短期離職の転職を成功させるためにはどうしたらいい?

就職・転職したばかりの職場が合わず悩んでる方はぜひ参考にしていただければと思います。

この記事を書いた人
≫ あると(@alto-fiij)元国家公務員 (いわゆるキャリア官僚)
≫ 30代前半で倍率500倍の超ホワイト企業に転職。
≫ 転職時年収200万円UP。転職後2年で年収は2倍以上に。

1年未満で退職をして転職する人はどれくらいいる?

そもそも実態として1年未満で退職をして転職する人はどれくらいいるのでしょうか。

厚生労働省が令和2年に実施した『転職者実態調査』によると、

実際に転職された方のうち、1年未満で退職をして転職をした方は17.7%

およそ5人に1人が1年未満で退職をしていることが分かります。

6か月未満7.8%
6か月以上1年未満9.9%
1年以上2年未満17.1%
2年以上5年未満26.9%
5年以上10年未満17.7%
10年以上19.7%
出典:令和2年転職者実態調査の概況

一般的に2年~3年程度での退職を短期離職を言うということを考えると、

約35%の方が短期離職で転職していることが分かります。

1年未満での退職は転職活動で不利になる?

結論から言うと、特別な理由がない限りは1年未満の短期離職は転職活動で不利になる可能性があります。

なぜなら、企業側は採用活動に多大なコストをかけており、「中途採用者には長く働いてほしい」と思っていることから、

前職を短期離職している場合、企業側が「入社したとしてもすぐに退職してしまうのでは?」という懸念を抱く可能性が高いからです。

ただし、最近では転職自体が一般化してきており、1社程度の短期離職であれば大きなネックとならない場合が多いです。

そのため、1年未満での短期離職についてあまり悲観的になる必要はありませんが、

次こそは転職で失敗しないためにも、短期離職での転職活動を成功させるには、しっかりと対策をすることが重要です。

1年未満の短期離職での転職活動の成功率を上げる方法

1年未満の短期離職での転職活動の成功率を上げる方法は以下の3つです。

  • 企業側が納得できる退職理由をしっかりと整理する
  • 企業研究を徹底して行う
  • 転職エージェントを活用する

①企業側が納得できる退職理由をしっかりと整理する

1年未満での短期離職の場合、企業側の一番の懸念は「入社したとしてもすぐに退職してしまうのではないか」です。

その懸念を払拭するためには、企業側が納得できる退職理由をしっかりと整理することが重要です。

  • 退職のきっかけとなった理由に対し、その解決のためにあなたが動いたけれども解決しなかった。
  • 仕事をする中で新たな興味が出てきたが、現職では希望する仕事ができなかった。

また、退職理由は後ろ向きな理由ではなく、できる限りポジティブな内容に言い換えるのもポイントです。

「嫌なことに対して逃げる」のではなく「新たなことに挑戦したい」という形で伝えましょう。

②企業研究を徹底して行う

転職の成功は内定を貰うことだけではなく、最終的に自分にあった企業で活躍できることです。

そのためには、次の企業ではミスマッチを避けるために企業研究を徹底して行うことが重要です。

例えば、長時間の残業が嫌な場合は、夜オフィスに訪れてみて、どれくらい電気がついているか確認してみるのもいいでしょう。

また、企業の口コミを確認してみるのもいいかもしれません。実際の働き方や社風、年収まで確認することができます。

転職の口コミサイトは転職会議Openworkがおすすめです。

③転職エージェントを活用する

  • 企業側が納得できる離職理由をしっかりと整理する
  • 企業研究を徹底して行う

が重要と伝えましたが、実際に誰もが納得できるような離職理由をしっかりと整理したり、

現職が忙しい中、企業研究を徹底して行うことは難しいですよね。

そんな時には転職エージェントを活用することがおすすめです。

転職エージェントは志望理由の整理から履歴書・職務経歴書の添削、

企業研究や面接対策まで徹底的にサポートしてくれます

転職エージェントは企業側から報酬を得ているため、求職者は無料で利用することできるのも利点です。

1年未満での退職におすすめの転職エージェント

1年未満での退職におすすめの転職エージェントを紹介します。

全て無料で利用できるので、まずは気楽に悩み相談してみるのがおすすめです。

アゲルキャリア

アゲルキャリアの特徴

アゲルキャリアは、第二新卒や20代社会人の方をメインターゲットとした転職エージェントです。

新卒1年目での転職活動も丁寧にサポートしてくれます。

特徴はそのスピード感。最短1週間で内定を獲得した実績があるとのこと。

また、専任のアドバイザーとLINEを通してやり取りができるだけでなく、

レスポンスが非常に早く、求職者の都合にかなり柔軟に対応してくれます。

求職者に対して専任のアドバイザーがトータル10時間以上も面談をする時間を確保してくれます。

ヒアリングを行い、どのような企業がマッチするかをカウンセリングすることはもちろん、

3~4時間をかけて丁寧な面接対策をしてくれるなど徹底的にサポートをしてくれます。

取り扱い求人の勤務地が東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府に偏っている点には注意が必要です。

無料で転職の悩みを相談する/

マイナビジョブ20’s

全員におすすめの転職エージェント マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sは20代の転職に特化した転職エージェントで第二新卒に強いことが特徴です。

第二新卒での転職の難しいところは自己分析が難しい点だと思います。

社会人経験もまだ浅く「自分の強み」が分からない方がほとんどです。

マイナビジョブ20’sでは、9つの側面から求職者のパーソナリティーを測定する適性診断を無料で受けられます。

そして、診断結果を基に、自分の強みや弱み、どんな仕事が向いているのかなど、

キャリアアドバイザーと一緒に自己分析ができるので、納得のいく転職活動が可能です。

また、マイナビジョブ20’sでは、転職経験を持つキャリアアドバイザーによりキャリアカウンセリングが行われます。

転職経験を持つからこそ、同じ目線からのリアルなアドバイスを受けることができますし、

20代の転職を熟知しているキャリアアドバイザーにいつでも悩みや疑問を聞くことができますよ。

\登録者の75%以上が社会人経験3年以内の20代!/

doda

全員におすすめの転職サイト doda

dodaは業界トップレベルの求人数を抱える転職エージェントです。

また、転職サイトとしての機能もあることが特徴的です。

転職サイトは非常に見やすく、求人が探しやすいため、転職サイトで求人を探して、転職エージェントで応募する使い方がおすすめです。

通常、求人数が多いとなかなか検索が難しいのですが、dodaでは「勤務地」「業種・職種」「年収」での検索はもちろん、

「在宅勤務」「残業20時間未満」「服装自由」「フレックス勤務」など、他の転職サイトにない切り口で求人を探すことが可能です。

細かい検索条件で企業とのミスマッチを防ぐことができます。

\転職活動で後悔したくないなら!/

まとめ:1年未満の退職でも転職は可能。転職エージェントを活用して成功率を上げよう。

昨今、転職が当たり前の時代になり、1年未満で退職をして転職する方が増えています。

そのため、しっかりと準備さえすれば1年未満の退職でも転職は可能です。

効率的かつ間違いがないように転職活動を進めるためには転職エージェントの活用が必須といっても過言ではないため、

他の転職者に差をつけられないように、この記事を参考にまずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介した転職エージェント

アゲルキャリア ≫ 第二新卒に強い。新卒一年目での転職活動も丁寧にサポート。

マイナビジョブ20’s ≫ 第二新卒に強い。20代に特化&マイナビの転職ノウハウ。

doda ≫ 業界トップレベルの求人数。転職サイトの検索のしやすさがピカイチ。

当ブログの人気記事
アゲルキャリアの評判・口コミ・実際に無料面談を受けた感想を徹底解説
20代で未経験転職したい人におすすめの転職サイト・転職エージェント5選
毎日の残業が多くてきつい、仕事を辞めたい。転職した方がいい?
この記事を書いた人
Avatar photo

30代前半で残業月200時間超のキャリア官僚→倍率500倍超ホワイト企業に転職│転職時に年収200万円UP│転職後1年で年収は1.6倍に

あるとをフォローする
事前準備・考え方 転職
あるとをフォローする
元官僚ですが公務員を辞めて民間企業に転職しました

コメント

タイトルとURLをコピーしました