つみたてNISA(+α)の運用実績や購入銘柄を公開|2021年4月末時点(運用期間27か月)

資産運用(株式投資)

こんにちは、あると(@alto-fiij)です。

今回は2021年4月末時点でのつみたてNISA(+α)の運用実績や購入銘柄を公開します。

私は2019年2月からつみたてNISAをはじめ、毎月3万3333円(年額約40万円)を投資しています。

また、楽天証券では楽天ポイントでも投資信託を購入できるため、

相場が大きく下落した時や、ショッピングで楽天ポイントが使い切れない時は、スポット的に楽天ポイントで投資信託を購入しています。

本記事では、ポイント投資分も運用益に含めてshareしたいと思います。

スポンサーリンク

2021年4月末時点の運用実績(運用期間27か月)

全体概要

2021年4月末時点(運用期間27か月)のつみたてNISAの積立金額と評価損益は以下のとおりです。

元本  :  933,325円
評価額 : 1,333,013円(うちポイント投資分58,053円)
評価損益: +363,488円(+42.8%、ポイント投資を除くと+36.6%)

推移のグラフは以下のとおりです。

つみたてNISA資産推移

コロナショックにおいても愚直に積み立てたことにより、運用27か月で+42.8%と、

インデックス投資としては上がりすぎ感もありますが、

つみたてNISAは長期投資前提のため、引き続き積み立てを継続する予定です。

2021年4月の購入銘柄

現在の毎月の積立設定は以下のとおりです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)22,222円
eMAXIS Slim 全世界株式11,111円
つみたてNISA積立設定銘柄

米国株か全世界株かは時折議論されるテーマですが、

基本的に私は米国経済の成長にbetしていきたいと思っています。

その上で全世界株にも積立している理由は、合理的というよりも「全世界にもヘッジしている」という精神的理由です。

(実際は相関が強くあまりヘッジになっていないことは頭では分かっていますが。。。)

投資信託の銘柄毎の評価損益は以下のとおりです。

銘柄毎の評価損益

全て運用27か月で全て+30%以上と好調です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は2021年4月末時点でのつみたてNISA(+α)の運用実績や購入銘柄を公開しました。

私は個別株はSBI証券の口座で取引していますが、つみたてNISAは楽天証券の口座で取引しています。

楽天証券では、毎月5万円まで楽天カードで投資信託を購入することができ、1%の楽天ポイントが還元されます。

また、楽天証券は楽天ポイントでも投資が可能で、私は2021年4月末時点で、投資した43,146円分の楽天ポイントが58,053円となっています。

まだ、つみたてNISAの口座を開設していない方は楽天証券で開設してみてはいかがでしょうか。

つみたてNISAは長期投資前提ですので、これからも愚直にコツコツと積み立て続けたいと思います。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました